紫外線と日焼けとその後ケア

皆さんこんにちは♪

かきうち化粧品店いざわよしこです。

毎日暑い日が続きますがお変わりありませんか?

今日は紫外線と日焼け、そしてうっかり日焼けしたときの

ケアについて書きたいと思います。

 

目次

紫外線ってどんなイメージ?

皆さん紫外線と聞くとどのようなイメージがありますか?

私たちが生きていく上で紫外線はなくてはならない存在なのですが

美容に関して言うと”美肌の敵”というのイメージが強い?

私だけ?笑



紫外線は365日降り注いでいます。晴れの日も曇りの日も雨の日もお休みがありません。

ということは私達のお肌は1年を通じて日焼けの危険にさらされてるということになります。

 

 

また紫外線は別名”四害線”と呼ばれ、シミやそばかすの色素沈着

シワやたるみ老化・皮膚炎・皮膚がんの原因となります。

きゃーーーー恐ろしい!

 

 

よく考えてみると私たちは常に紫外線を浴びています。

スポーツをしたりお買い物に行ったり洗濯物を干したり紫外線が肌の中に入ります。 

 

そしてその紫外線のダメージは知らず知らずのうちに

肌の中に蓄積され老化を加速させています。

 

紫外線からお肌を守るために必要なことは?

もうご存じですね。

はい、日焼け止めをつける!です。

そしてその上から日傘やサングラス、スカーフ、手袋などの

UV 対策をすることをお勧めします

最近では男性も日傘をさしている姿を見かけます。

そうは言ってもどんなに対策を打ってもうっかり日焼けする場合があります。

 

日焼けしちゃった! どうしたらいい?

うっかり日焼けした時や長時間紫外線に当たった後は

すぐにクールダウン、肌を冷やします

日焼けをした後は肌が火傷をしたような炎症状態になっています。

まずはほてったお肌を冷やしてクールダウンしましょう。

それからうるおいを与えてください。

肌が火傷状態ということは肌の中が火事になっているのと一緒。

肌内の水分が奪われていますのでしっかり水分補給

水分補給=うるおい=化粧水

化粧水でうるおい補給です。

ローションマスクやコットンマスクは効果大




太陽がある限り私たちはその太陽を避けるしかありません

そのためにもしっかりと UV 対策をする事。

そしてうっかり日焼けをした時はしっかりとケアをしてくださいね

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる