基本的な眉の書き方

美容歴25年、美肌と美眉のスペシャリスト井沢由子です。いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

すっかり秋になりました~。食欲の秋、読書の秋、いやいや美容の秋にしましょうね~~~笑

眉を書く前は高さを確認してくださいということ記事を投稿しましたが皆さんどうですか?実行されてみましたでしょうか。

まずは眉の高さを確認して右と左の眉がどちらが高いか低いかというのを確認します。

この確認作業はとても大切で眉頭・眉山・眉尻だけに注目してしまうと高さが違うまま描いてしまうということになってしまいます。

さて眉の高さを確認しましたら眉を描くうえで基本中の基本、眉山・眉頭・眉尻の確認をしていきましょう。

目次

眉の基本ポイント

  • 眉頭・・・目頭の延長線
  • 眉山・・・眉頭と眉尻の2/3の位置
  • 眉尻・・・小鼻と目尻の延長線

眉山はわかりやすい確認方法としてびっくりした時に眉が高くなる位置があります。そこが眉山と思って頂いても構いません。私たちは毎日いろんな表情をしていますので表情癖というのがかなりついています。

眉頭と眉頭の間の眉間のシワ。ちょっと驚いて眉が上がったた時とか「ん?」思ったときに上がる眉山の位置。年齢を重ねるうちにここは表情筋がついていますので左右比べた時にかなり差がついている場合があります。前回申し上げたように眉の高さを確認しましょうという話はここから来ています。

話はずれましたが、眉頭・眉山・眉尻が整ったところで眉を描いていきましょう。

眉を描くアイテム

まゆを書くアイテムとしては数多くのものが販売されています。皆さんはどのようなタイプをお使いでしょうか?

私がいつも使うのはこちらのパウダータイプのアイブロウとペンシルタイプのアイブロウです。

最近ではマスカラタイプのアイブロウもありますがこれ眉の毛量によって使い分けないと失敗のもとになります。

私はもともと眉が薄いのでマニキュアタイプのアイブロウは使いません。

というのも地肌についてしまうからです。色が固まり筋になる!見た目に美しくないのです笑。眉を書くアイテムとしては自分の眉の濃さ薄さ毛の太さ細さなどを確認して選ばれることをお勧めします。

眉の書き方ももちろん大切ですが、アイテム選びも結構重要です。

それでは明日は今日よりもキレイになりますように♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる