【お肌を魚に例えたら…】

こんにちは、美肌と美眉のスペシャリストかきうち化粧品店 いざわよしこです。

いきなりですが、あなたは干物とお刺身どっちが好きですが?

 

はっ?

今晩のおかずの参考にでもするのって感じですか笑。晩御飯の話じゃなくて肌質を魚にたとえて紫外線の影響を書こうと思います。

目次

干物と生魚どっちが火が通りやすい?

↑みて、ピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、干物と生の魚を同時にグリルに入れて焼いたとき、どちらが早く焼けますか?

うんうん、”干物”ですね。干物は水分が減っていますので火が通りやすい。生魚は水分たっぷり脂ものってプルプルだから火が通るのに時間がかかる。

これを魚に例えると…

干物=乾燥肌

生魚=水油分のバランスのとれたうるおい肌

というわけです(^_-)-☆

乾燥肌とうるおい肌どっちが日焼けしやすい?

では、乾燥肌とみずみずしいうるおい肌はどちらが日焼けしやすいですが?

答えは簡単! 乾燥肌です。 

お肌に置き換えるとお肌が乾燥していると、火=紫外線の影響を受けやすく日焼けしやすい

http://kksister.com/wp/wp-admin/post.php?post=2661&action=edit

日焼けすると肌表面はますます乾燥し、肌内部はヤケド状態で脱水状態に

乾燥した状態が続くと,皮膚を修復しようと表皮のターンオーバー(生まれ変わり)が一時的に速まり、未熟で不完全な細胞がどんどん作られます。

バリア機能(肌を外的刺激から守ろうとする力)が低下

角層が厚くなる

肌の凹凸が生じゴワゴワ、ファンデーションのツキもわるく、メイクが崩れやすくなる

 

まさに”悪循環”

この悪循環を食い止めるためにも日頃のお手入れ(特に保湿)が大切。

どうしても紫外線を避けられない場合の対処方法

そうは言ってもどうしても紫外線を避けられない時ってありますよね!仕事で外回りする、週末にはお子さんのスポーツ観戦など.

前もって予定がわかっているときは前夜にローションマスクをしたりパックをしたりと贅沢なお手入れを。時間が許せば当日朝もローションマスクをお勧め。息子がソフトボールをしていたので私もこの手をよく使いました。

当日はUV対策をしっかりと。日焼け止め、ファンデーション、帽子、日傘、手袋、ストールなどなどあらゆることをしちゃいましょう。

そしてそしてとっておきのUV対策は【ファンデーションの厚塗り】です! マジですか? マジです!

人の目なんて気にしない私だから出来るのかもしれませんが、私の顔を見て「今日ファンデーション厚いね」って直接言ってくる人いませんでしたよ!逆に私の仕事を知ってる友人は「やっぱり意識高いね」「さすがプロは違う」って言うので、かなりポジティブな私は「そうなんよー私の顔商品だから~笑、みんなもやったほうがいいよ。後悔するよりは今を大事にしよっ。年取ったら化粧品代かかるよ」って皆で大笑いしてました♪

ちなみに息子のソフトボール練習のお手伝いショット(3年前ですが)

もやは誰だかわかりません(でもソフトボールチーム内では周知の姿)

いかがでしょうか。この写真で私の本気度が伝わりましたでしょか笑.

イメージとしては窓にカーテンをしてる感じ。フェイスマスクをのせてる。あっ、UV対策にフェイスマスクもありました。

これじゃ日焼けしないわ(^^)/

ここまでではなくても、あなたなりのUV対策をしてくださいね。

ではでは明日は今日よりキレイになりますように♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる